WORK SHOP レポート-「桜餅作り& 鉄瓶で淹れる美味しいお茶」

2018.03.27

4b59c070aefc98421fc41a83284698a7f2270869.jpg

TimelessComfort自由が丘店で開催しているワークショップ。

今回のテーマは、「桜餅作り&鉄瓶で淹れる美味しいお茶」

桜餅は関東風と関西風の2種類を作り、合間には鉄瓶で淹れた日本のお茶もご紹介。

試食付きで季節を感じられる楽しい会となりました。その模様をご紹介します。

51de39c088f36b51adfca20a34a498de3c799118.JPG
関西風 桜餅

まずは、道明寺粉を使った関西風の桜餅。混ぜて色付けした材料を電子レンジで5分。一度出して少しかき混ぜ、さらに2分加熱。粘りが出るまでかき混ぜて冷まします。
mazu.jpgちなみにここで使用した電子レンジは、話題のBALMUDA The Range。 シンプルなデザインと操作方法、お知らせしてくれる心地良いメロディーがとても魅力的です。
DSCF2988.JPG
DSCF3087.JPGBALMUDA The Range \43,500+tax


餅が冷めたらあとは適量の餡を入れて包むだけ。とっても簡単です!
9db7badb8ed6d547e8e02840e8eb0df1a0bf6a2b.jpg

関東風 桜餅

関東風も餅の生地作りから。材料を順番に混ぜていきます。
c.JPG
餅の色は食紅を使ってお好みの色にします。少しずつ少しずつ色が変わるのが楽しいですね♪
菜箸で少しずつ粉を落としていくのがコツです。
d.JPG
ほんのりピンクの桜色になりました。
f8de0bcbc894701ba133245d7c2f015cf23ac12c.JPG
生地ができたらフライパンで焼きます。
フッ素コーティングの優れたフライパンを使用すると、油も引かずにひっくり返すことが出来ます!お見事です。ff475f716fdc90a54bb456d5716076a9af7f9ac4.JPG3b55b25936b10f4460015e84de08a349a5f2f248.JPGba342b1271007dea282736cf07504b17e9adaa0f.JPG
使用したフライパンはこちら。

c43af83e350ec028eaae2b113c916c1cd92c8140.jpgバッラリーニマントーヴァ フライパン20cm \5,500+tax~
スキャンパンIQ-IH対応 フライパン20cm \16,000+tax~

さて、あとは餡を入れて包むだけです。餅のサイズ、餡の量はお好みで。
2bf29205d238f17cd111c75ad125e5b01b9e34cc.jpg
出来上がりです!つい写真も撮りたくなりますね。
bb625b3490280d7667e6dbaa8fa24bc15ca97048.JPGDSCF3116.JPG
桜餅には日本茶が美味しい。ということで日本茶の愉しみ方も簡単にご紹介しました。
茶葉の選び方、種類によっての適性温度、、など、こだわるとキリがないほど奥深くなりますが、ここでは特に注ぐ時について、電気ケトルと鉄瓶の飲み比べをしました。

鉄瓶(岩手・南部鉄器)と電気ポット
DSCF3068.JPGa5cff98ae8db1823e935803fbb976231500530bd.jpg鉄瓶で沸かすと、お湯がまろやかになり、更に美味しく愉しめます。3f7bfa45977ffa5e0b5a28de497004578b182e23.JPG
最後は、お楽しみの試食を。食べきれない分はお持ち帰りに。
初めて作ったという方もいらっしゃり、手作りの桜餅に皆さま大満足いただけました。

21f08ae843e7b2cbc68f76b1c2598b6aa69bad64.JPG7423995d4008b655b4472ae290065aebde1d8c76.JPG

日本の春を感じられ、とても充実したワークショップとなりました。
東京は桜満開です。今まさに春、ぜひ一度作ってみてくださいね。

8da57011f621bd8e3c835f64872a401d28eb79ce.JPG
レシピはこちら。1ecfd9076a8ca945b2492cf79282799bdbc0b513.jpg